武蔵小杉の歯医者のスタッフのあるべき姿

武蔵小杉で歯医者に行ってイヤな思いをしたことがあると言う人は少なくありません。

歯医者といえば、虫歯になって歯を削らなくてはいけないとか、麻酔が必要であったりとか、どちらかといえば大人でも苦手という人が多い所なのですが、治療以外でもイヤな思いをしている人がいる様です。

それは歯科医をはじめ、歯医者のスタッフの対応にあります。

歯医者に行くには虫歯であったり、歯茎の腫れであったりと何かしらの問題があるからで、患者は歯医者にいけば、その治療全般を歯科医に任せることとなります。

診察台にのり口を開いて、問題のある箇所を治療していくのですが、実際にどんな治療をしているかということは見える訳でもなく、歯科医のなすがままということになりますよね。

信頼できる歯科医であれば、どの様な状況で、どういった治療を行いますという丁寧な説明があり、更に治療に選択肢があるのであれば、その選択を患者にさせるのが通常ですが、特に選択肢を伝えるわけではなくどんどんと治療を進めてしまう歯科医も少なくありません。

適切な治療が行われたのであれば良いのですが、患者にしてみればそれを判断することは難しいことで、やはり事前の説明というのが大切で、それをしっかり行っている歯科医が望ましいといえるでしょう。

また、歯医者には歯科医以外にも歯科衛生士や歯科助手などのスタッフが在籍しています。

歯医者全体の雰囲気が良いというのは全てのスタッフの対応が丁寧で親切であるからで、中には挨拶もきちんとできないスタッフがいたり、横柄な受付がいたりということもあります。

得てしてスタッフの対応は歯科医など全てに通ずるものもありますので、武蔵小杉で歯医者探しをしている場合は電話での対応が良かったかなどを確認しましょう。