武蔵小杉の歯医者さんによる子供の予防歯科、もっと意識して

歯学部のある大学が複数ある土地柄にも関わらず、武蔵小杉の子供の平均むし歯本数は期待ほどよい結果ではないんですよね。

子供のむし歯が一番少ない県は新潟県です。

美肌に熱心なお母さんたちに今一度考えてほしいのが、歯は健康と美の両方に関わるということです。

しわやシミ・そばかすにきく化粧品となれば、一目散に買いに行くほどの美意識があるなら、直径5mmの大きい?小さい?シミなんかよりはるかにインパクトのある歯にもっと投資すべきではないでしょうか。

子供の将来を考えると、むし歯ができたから武蔵小杉の歯医者に連れていくでは、少々消極的です。

歯科診療所数ランキングでは、神奈川県は東京、大阪についで全国第3位です。

交通アクセスのよい歯医者を見つけるのは、さして難しいことではないでしょう。

大切なお子さんのために、予防歯科に積極的に取り組みましょう。

歯のない赤ちゃんの口腔内に、むし歯菌は存在しません(できません)。

原因菌の一つであるSM菌は、赤ちゃんの前歯が生え始めたころ、おおよそ離乳期に母親から伝播して定着するケースが多いと言われています。

2歳半くらいで、良い口腔内環境か悪い口腔内環境が差が出てきます。

小さなうちから、定期的な歯科検診を受ける必要があります。

「乳歯の虫歯なんて、いずれは抜けるんだから。」なんて論外です。

菌が多い口腔内環境は、そのまま体質となって、大人になってもむし歯に悩むことになります。

むし歯が進行して、乳歯を抜かざるをえない場合、永久歯の歯並びが悪くなる傾向があります。

武蔵小杉には、小児予防歯科に積極的な歯科医院は沢山あります。

むし歯になる前から定期的に訪問しましょう。